ホーム > 目がよく見えない

目がよく見えない

目がよく見えない

白内障

外傷性、先天性、老人性、アトピー性、薬剤性、他の目の病気の合併症など
に分類されます。水晶体が濁ってかすんで見えたり、ぼやけて見えて視力の低下となります。
手術で眼内レンズを挿入して治療します。眼内レンズが無理なケースは術後にコンタクトレンズを使用します。
眼内レンズも累進型などいろいろな改良型が出てきました。
虹彩の動きで前後に伸縮できるものが、究極の理想です。

緑内障

緑内障
人間ドックで「視神経乳頭陥凹拡大」を指摘されたり、結膜炎やコンタクトレンズ処方で眼科受診して偶然に見つかることが多いです。
「正常眼圧緑内障」がほとんどです。自覚症状に乏しく、末期に至るまで発見が遅れる病気です。
眼圧を30%下げると進行が止まったり、あるいは遅くなるというデータがあります。
緑内障の遺伝子も発見されようとしています。
近親者に緑内障の方がいる場合は是非眼科に相談してみて下さい。
視野検査(ハンフリー検査)や最新のOCT検査で高率に発見できます。
最近、眼内レンズ挿入術の普及で急性緑内障(発作)は減ってきているようです。

加齢黄斑変性症

加齢によって網膜の中心部である黄斑部に障害が生じて、見ようとする所がゆがんだりして見えづらくなっていく病気です。
早期にPDT(光線力学的療法)を受けたり、VEGF阻害剤を硝子体内に注射すると改善するようになってきました。
ルテイン(ほうれん草やブロッコリーに含まれる成分)のサプリメントを摂取すると多少の予防効果があるようです。
50歳過ぎたら最新のOCT検査をおすすめ致します。
問い合わせバナー